花だより

園芸一口メモ 平成29年度

ミニ観葉植物を手軽に楽しもう!(広報あかし:5月1日号掲載)

室内でグリーンを楽しみたいけど、場所がない、大変そう!という方は、ミニ観葉植物を育ててみませんか!コンパクトで手間もかからず、手軽に楽しめます。特に水耕栽培(ハイドロカルチャー)用の用土を使えば、ガラスなどの穴のない容器で育てられるので、テーブルやカウンターに置くことができます。

<用意する物>

*水耕栽培用のミニ観葉植物(パキラ、ドラセナ、テーブルヤシなど)

*穴のない容器(透明なものがおすすめ)

*水耕栽培用の用土(ハイドロボール、カラーサンド、セラミス)

*根腐れ防止剤

<植え付け>

 根腐れ防止剤を器の底に入れ、水耕栽培用の用土にミニ観葉を植えます。

 寄せ植えもできます。

<育て方>

 *置き場:室内の直射日光があたらない明るい場所。

 *水やり:用土が乾いたら(白っぽくなります)用土の1/4程度水を入れます。

パッションフルーツを育ててみよう(広報あかし:7月1日号掲載)

トロピカルフルーツと呼ばれる熱帯の果物は、以前は苗の入手が困難でしたが、最近簡単に手に入れることができるようになりました。

パッションフルーツと聞いて、その植物を思い浮かべるのはちょっと難しいと思いますが、「クダモノトケイソウ」と聞けば、何となく想像できる

方は多いはず。

残念ながら「トケイソウ」には実が付きませんが、果実を食用にするものが「クダモノトケイソウ」でその果実をパッションフルーツといいます。

比較的寒さに強く、よく実が付くので鉢植えで育ててみましょう。

栽培方法

手に入れた苗は、大き目のコンテナに植えつけ、支柱を立てて、あんどん仕立てにします。

用土は川砂を2割ほど混ぜた水はけのよいものを用います。

生育適温は20~30℃。生育期の4~10月は屋外で日光によく当てて育てます。

土が乾いたらたっぷり水をやりますが、開花以降はこまめに水やりします。

花が咲いたら人工授粉してやると実付きがよくなり、受粉後70日ほどで熟してきます。

霜には弱いので冬は早めに室内に取り込みます。


花だより
ページのトップへ